北海道タレントナビ - タレコラ

本田 一輝 RSS Feed

本田 一輝

「フットサルスタジアム蹴」情報を中心に、仕事上で出会った素晴らしい人や施設の紹介、個人的なおすすめスポットの紹介や趣味の話など、とにかく楽しくてワクワクするような情報を提供していきます!
2010/01/28

冬の星座をご紹介します!

僕の趣味の中の1つとして、天体観測があります。
そこで今回は冬の星座について個人的な見所をご紹介したいと思います。

まず冬の星座の中で最も有名で最もわかりやすいのがオリオン座です。



写真は「オリオン座」の写真です。

見つけるポイントとしては、まず三つにきれいに並んだ星の並びを見つけます。
その三つに並んだ星の並びを中心として、砂時計の形をイメージして星を探すと 
オリオン座の形が見えてくると思います。

オリオン座には1等星が2つあり、青白い星のリゲルと、赤い星のベテルギュウス
があります。 
リゲルは砂時計の形でいうと右下の部分に、ベテルギュウスは左上の部分にあります。
どちらの星も1等星で明るく目立つので、簡単に見つける事が出来ると思います。

三つに並んだ星の真ん中の星から下の方を見てみると、都会では中々見つける事
が難しいのですが、ぼんやり明るい部分が見えてきます。
これがオリオン大星雲です。
肉眼では見えにくいのですが、双眼鏡や天体望遠鏡で見るときれいに見えるので、
持っている方はぜひ見てみてください!

次に冬の星座の見所の1つである。おおいぬ座とこいぬ座をご紹介します。





写真は上が「おおいぬ座」、下が「こいぬ座」の写真です。

おおいぬ座は1等星のシリウス以外は明るい星が無いので、都会ではシリウス以外を
見つけるのは難しいと思います。
ですが僕が初めておおいぬ座を見つけた時は、本当に犬の形に見え、すごく感動した
のを今でも鮮明に覚えています。
都心から離れた場所であれば、シリウス以外の星も見えますのでぜひ見つけて欲しい
星座の1つです。

こいぬ座はとても小さな星座で、1等星のプロキオンと3等星のゴメイサのたった2つ
の星で形成されています。
ですので星座から小犬の形を想像するのは難しいので、こいぬ座は1等星のプロキオン
に注目していただきたい星座です。

おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギュウスの3つの
1等星を線で結ぶと、大きな三角形になります。
これが有名な冬の大三角形です。



写真は「冬の第三角形」です。

冬の大三角形は、都会でもはっきり見えますので、ぜひ探してみてください。
見つけ方としては、南側の空を見た時に最も輝いてる星を見つけてください。
それがシリウスです。
シリウスを見つけられたら、後は写真の三角形を参考に、明るい星を2つ見つけて
線で結んでください。
きれいな三角形が空に浮かび上がります!

冬の星は他の季節の星と比べて、1等星が多いのが特徴です。

※春は3つ(スピカ、アークトゥルス、レグルス)夏は4つ(アルタイル、デネブ
ベガ、アンタレス)秋は1つ(フォーマルハウト)冬は7つ(リゲル、ベテルギュウス
シリウス、プロキオン、カペラ、ボルックス、アルデバラン)

ですので、1等星のある星座は全て見所といえます!

リゲル、ベテルギュウス、シリウス、プロキオンはすでにご紹介しましたので、残りの
カペラ、アルデバラン、ボルックスがある星座をご紹介いたします。

まず1等星カペラがある、ぎょしゃ座をご紹介します。



写真は「ぎょしゃ座」の写真です。
  
ぎょしゃ座は五角形の形をしていてとても目立つので、見つけやすい星座です。
この星座は全天の中で1番北極に近い星座で、真夏を除けばほとんど北の空に1年中
いつでも見る事ができます。
見つけ方としては、北の空を見て五角形の星の並びを見つけてください。
五角形を見つけられたら、その中で1番明るい星が1等星カペラです。

次に1等星アルデバランがある、おうし座をご紹介します。



写真は「おうし座」の写真です。

おうし座は赤い1等星アルデバランと、プレアデス星団(すばる)が有名です。
冬の1等星の中で赤い色の星はオリオン座のベテルギュウスとおうし座のアルデバラン
だけなので、比較的見つけやすいオリオン座のベテルギュウスを見つけて、それ以外の
赤い星を探してみてください。それがアルデバランです。
アルデバランを見つけたら、その右上の方にぼんやり明るい細かい星の集団を見つける
事ができると思います。
それがプレアデス星団(すばる)です。
プレアデス星団は都心でも見つける事ができますので、ぜひ探してみてください。

次に1等星ボルックスがある、ふたご座をご紹介いたします。



写真は「ふたご座」の写真です。

ふたご座の形は漢字の「北」の形にすごく似ているので、漢字の「北」の形をイメージ
しながら、空を探すとふたご座を見つける事ができると思います。
ふたご座には1等星ボルックスと2等星カストルがあり、共に双子の頭の部分になりま
す。
毎年12月13日の夜をピークに前後1週間、カストルとボルックス付近から明るい 
流れ星がたくさん飛び出してくるのが見られます。
これが「ふたご座流星群」です。
ピーク時には1時間で約30個ほどの流れ星を見る事ができます。

最後に「うさぎ座」をご紹介します。



写真は「うさぎ座」の写真です。

うさぎ座は1等星などの明るい星がなく、冬の星座の中でもあまり目立たない星座なの
ですが、形が特徴的なので都心から離れた所で観測すれば実は見つけやすい星座です。
オリオン座のすぐ下にあり、線で結ぶと本当にうさぎの形に見えるので、見つけた時は
感動すると思います。
冬の星座の中では、おおいぬ座に次いで見つけてもらいたい星座の1つです!

以上が個人的な冬の星座の見所です!
ぜひこのコラムをきっかけに、冬の天体観測をしてみてはいかがでしょうか!

告知です!

フットサルスタジアム蹴では、女性限定の企画が2つございます!

1つが「女性のためのモーニングフットサル」。もう1つが「個人参加型レディース
フットサル」です。

どちらの企画も内容は、前半がフットサル初心者向けの基本的なトレーニングを行い、
後半は集まった人達でチームを作りゲームをいたします。
初心者の方、主婦の方、大歓迎です!

詳細はフットサルスタジアム蹴ホームページをご確認ください!
 
フットサルスタジアム蹴
札幌市東区北42条東19丁目3-1(つどーむ前)
TEL 011-787-8721 FAX 011-787-8722
e-mail  info@futsalsyu.com  HP  http://www.futsalsyu.com

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42