北海道タレントナビ - タレコラ

本田 一輝 RSS Feed

本田 一輝

「フットサルスタジアム蹴」情報を中心に、仕事上で出会った素晴らしい人や施設の紹介、個人的なおすすめスポットの紹介や趣味の話など、とにかく楽しくてワクワクするような情報を提供していきます!
2010/07/01

目には映らない現実

仕事をしていると自分の目に映っている現実が全てのように

錯覚してしまう事があります。

例えば今こうやってコラムを書いているこの瞬間も、自分が

やろうとしているビジネスを誰かが先にやっているかもしれない。

自分がのんびりメールチェックをしている時間に、同業社は

何か新しい事を始め業界内での差が拡げられているかも

しれない。

自分の目に映っている現実などは、ビジネスという視野から

見ると虚像であり、社会は365日24時間常に変化している。

ゆえに仕事をする上では自分の目に映っている現実と、自分

の目には映っていない現実をリアルタイムで交差させなければ

ならないと思います。

 

ただし、自分の目に映っていない現実を知ろうとする事はあまり

意味がなく、もちろんある程度は知っていなくてはならないのですが、

 一般的に公開されている情報を含め他の誰かが知っている時点で

その情報に関連するであろうビジネスは過去のビジネスとなり、

頂上を目指す上では遅れをとってしまう。

 

情報を集める事に注力を注ぐよりも、誰よりも先に行動する事に

注力を置くべきだと思います。

そして行動した結果が情報となり、世間に発信されていく。

情報は集めるものではなく、発信するものです。

 

情報をこちら側から発信する立場になるためには、スピードと行動力

が全てだと思います。

そのためには目には映らない現実を意識する事が重要です。

また意識する事でスピードと行動力の原動力にもなります。

社会は365日24時間常に変化しています。

すでに全ての分野においてある程度発展しつくした現代のビジネス環境

においては、目には映らない現実をいかに意識できるかが、今後重要に

なってくるのではないでしょうか。

 

バックナンバー>>
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42